予約してました。
Sound Horizonの新しいシングルCD
『ヴァニシング・スターライト:いずれ滅びゆく星の煌めき』

購入は通常盤で!
(最初は初回限定にしようと思っていたのですが…
 『戦闘機の戦い方』なんていう素敵な本が同時出現し――げほげほごほん)


以下、感想です!

↓ ↓ ↓

■1曲目:「よだかの星」■
宮澤賢治の作品「よだかの星」がモチーフに…と事前情報があったのですが、

「死んでもいい 生きてるなら 燃えてやれ!」
(↑歌詞より抜粋)

……熱いな、このよだか! かっこいいけど!
3分というSound Horizonにしては短めの曲ながら、中毒性はなかなか。

■2曲目:「Mother」■
第一印象は…、
最近の一曲の構成のことを思うと、普通? ですかね?

1曲目が、夜の空で理想を追い続ける人の歌なら、
2曲目は、夜の地上でもがいている人の歌…という感じがする…。
合わせて聴くと、対比に心が沈みそうになるような…。

3曲目を聴いてから戻ってくると、また違った印象になります。
CDを何周かかけっ放しにした結果、
1曲目よりもこっちのサビの方が耳に残りました…。

■3曲目:「Interview with Noël」■
パラレルワールドの現代日本で音楽活動をしているノエルさんが、
音楽雑誌の取材を受けている…という前提の曲でした。
カラオケに入っても歌えないなぁ…この曲…。聴き専門にしたい。

ちゃっかりでも堂々と登場した国王様。
けっこう影がちらつく国王様。
パラレルワールドに本を持ち込んで影響を与えまくる国王様。
歌詞にイベント告知を入れた国王様。
ついに地平線つなげましたね。

「Linked Horizonのテーマ」の一節が含まれていたり、
くすりと笑えるフレーズがあったり、
色々と盛りだくさんな(盛りだくさんすぎる)曲でした。
他2曲が短い分、15分半という驚異の長さ……。

前の2曲が短かった(世間一般では普通の長さ)、その理由。
謎の答えがここに。

↑ ↑ ↑

↑感想ここまで。

Sound Horizonの10周年記念のシングルですので、
なんだかんだで10年近く聴き続けた1ファンとして感慨深いものもあり…。

これからも頑張って下さいね〜、国王様!!!
(そして異世界のノエルさんとVSの他メンバーさんも頑張ってくださいね〜)




 
Sound Horizon
ポニーキャニオン
¥ 1,080
(2014-10-01)
【ディスク1】
  1. よだかの星
  2. Mother
  3. Interview with Noel

こんにちは〜。
10日ほど世間様から離れておりました弥生です。
(まぁ元々超インドア派ですけれど…)

実は地元の病院に入院しておりまして。
ようやっと出てきたところです^_^;

前々から予定していた入院だったので、
事前に本やら原稿用紙やらを大量に準備。
久々に、起床から就寝まで
読書漬けの毎日を送らせていただいておりました。
紙が主食って、こういう時にものすごく便利ですね!

今は自宅にて療養中です〜。




 

暑い暑いと言いながらも冷たい麦茶をそっちのけで熱い緑茶を飲んでしまう弥生です。こんばんは〜。

今日の記事はですね…。
興味の無い方には全く持って興味が無いハナシですが、
戦争がらみのお話でございます(苦笑)

長くなりそうなので、
興味ありましたら下記からどうぞ〜。

 

冷た〜い夏のお菓子を作ってみました。



チョコムース?チョコプリン?チョコババロア?
…何と呼んだらいいのかわかりませんが、
とりあえずチョコレート味です。

作り方Upしてみました。
ご興味ある方は、下記の「続きを読む」からどうぞ〜
 

こんばんは〜。おばちゃんです。じゃなかった、弥生です。

本日、おばちゃんになりました〜!

兄貴殿のところに、めいっ子誕生です!
かーわーえーえー^^(身内びいき?)

新生児室のガラス越しの初対面を果たしてきました。
ちっちゃい手がもぞもぞ動いてるのが…もう!
色々と、今から楽しみでっす(^_^)♪

こんにちは。履歴書出しつつ病院タライ回しにされつつのネガティ部仮所属な弥生です。

で、思い出したようにブログ記事upしてみたり…。
最近、また漫画を読むようになりました〜。

講談社コミックスより、あだちとかさんの『ノラガミ』です。
マガジンコミックスですね。
(マガジンといえば、一時『シバトラ』にエラくハマった記憶がありますが・・・)

弟君が(半年ほど前に)アニメ放送されたのを録画しておりまして、
今頃になってそれを視たのが購読のきっかけなのですが。
大学時代に受けた講義の習性か、
「原作(漫画)」と「再創造(アニメ)」の比較分析をやってみたり。
……この比較がなかなか面白くってですね。
今回、アニメ化の再構成が見事!と感嘆しきり。
メディアミックスの一環……と一言で片づけたくないくらいでありました。
ストーリーの大胆な切り分けと並び替えと視覚効果の編集手腕に…惚れる!

原作に完全忠実がいいの!…という方は「う〜ん」かも知れませんが、
漫画は漫画、アニメにはアニメの活きる表現があり、良さがあります。
それぞれの表現特徴の良さが存分に感じられて、非常に良かったです〜。
大変良いまとめ方でした。勉強になりますね…!

そんなこんなで、
『ノラガミ』、おすすめでーす^^
(まともな感想も書かないで何ですが)
よろしければ漫画もアニメも、両方ご賞味下さい。

1日に2回も記事アップしてんじゃねーよと言われたらぐぅの音も出ないニート弥生です。こんばんは。

いや…だってね?
今日は朝から曇っておりまして。
一日中、なんとなーく家の中が暗くってですね。
足がアレなんで用事もないのに出歩くのもアレですし。
執筆関連でちょっとホラーなサイトで調べものしたりして。
ふと気づけば夕方も夕方な時間で。

田舎の一軒家ですから、まぁ、静か〜なもので。

家に一人で居るとね、
落ち着かないというか、何というか。
早く誰か帰って来ないかな〜とか思ったり。

今日は朝から曇りの上に、風が妙に窓を鳴らすんですよね。
カーテンがふわっと翻ったりしてね。

台所からお風呂場の掃除に向かうのに、
廊下を使わずに、わざわざ勝手口から外に出て移動したりね。
(バイオハザードのダンジョンさながらのお家の構造に感謝したり…)

ケータイを部屋に置いてきちゃったけど、二階にあるんですよね。
階段にたどり着く前に、鏡があるとか、
途中、カーテンを閉め切った廊下があるとかね。

タブレット端末を台所に持ち込んでいたので、
こーして記事更新なんてしてみたり。

早く誰か帰って来ないかな〜。
帰って来ないかな〜。
来ないかな〜。

……べ、別に怖くなんてないやい!(←嘘つけ)
 

ちょっと色々とありまして病院内でたらいまわしされているあちこち調べていただいている弥生です。
深刻な病気じゃないとは思うんですけど……もうかれこれ半月ほど、右足の甲が腫れており…(涙)
日頃の行いですかね(一応自覚はある)。


さてっ、本題です!
タイトルの通り、HPに連載中の小説「Stone Gainer」を更新させていただきました。

カメの歩みよりものろい…というか呪いというか、
皆様の記憶からすっかり忘却された頃にゾンビのごとく蘇ってきます。
全回のUpからかなり時間がかかってしまいました…。毎度毎度、申し訳ございません。

◆◆◆◆◆

今回のお話で、女神様の神殿での探索が終わります。
次はまた王都に戻る…予定!
ヒロインが出てこなくなって久しいですが、
男衆ばかりのむさくるしい展開がまだしばらく続きそうです…(汗)

◆◆◆◆◆

詳しくは「るなるえあ」にて!
(こちらからも閲覧可能です! →「Stone Gainer専用ページ」)

またお時間のある時にでも、ご訪問いただけましたならば弥生が狂喜乱舞いたします。

これからも、
三々梨弥生および「るなるえあ」を、どうぞよろしくお願いします!!

本や漫画を発売日に買いに行くなどということを滅多にしない…というかそれ以前に発売日を細かくチェックしてない為に「次巻201●年春頃予定」なんていう前巻末の告知ページのみが新刊購入の目安情報になっている弥生です。こんにちは。
本屋さんには月1くらいのペースで行くので、その時に巡り会わなかった(売り切れなどで)ら、発売されているという事実に気づかないという……。

さて、長い前振りをしてみましたが。
気がついたら最終巻が発売されていました…(汗)
野村美月さんの『“藤壺” ヒカルが地球にいたころ……(10)』です。
くどいようですが最終巻です。

5月末には読んでいたんですが、
記事に書こうと思ってから、パソコンをまともにつける日が無かったっていう。

では、ネタバレにならない程度に感想をば!

↓ ↓ ↓

ようやく辿り着いた、最後の救済対象者ですね!
謎を秘めた女性・藤乃さん。
1巻での謎の微笑から、長かったような短かったような…。
これまでの全ての伏線が回収される時でもあります。

過程は今までで一番のサスペンス劇で、
赤城くんの安否も含めどうなることかと思いました…。
一転して終盤、エピローグへの流れはさらさらと心地よく。

赤城くんとヘリオトロープ、
ヒカルの君と、たくさんの花たち。
全て納まるところへ納まったというカンジです。
お別れ…って、悲しいですけど、
こんな風にそれぞれ前を向いて輝けるお別れできるなら、すがすがしい気持ちもあり。
泣いて・笑って、「ありがとう」って言えるっていいですね。
そんな一作。

作者さん・イラストレーターさん、お疲れ様でした!
ありがとうございます。

↑ ↑ ↑

…ああ〜…終わっちゃったなぁ。次は何を読みましょうかね。
野村美月さんの新シリーズも発売されていましたので、
それもいいかもなぁ。

それでは!
 

続きが気になっており待ちにまった発売日当日に本屋さんに行ってしまいました、自由人の弥生です。ニートってこういう時だけ便利よね…。

さて。
ブレイドコミックスより、
オニグンソウさんの『−ヒトガタナ−』9巻を読みました!

ネタバレ…にならない程度に感想でも、と思ったのですが。
色々と思うところが多すぎまして……。言葉になりませぬ。
大まかに言ってみますと、

上げるだけ上げといて落とすのは、
物語の常とう手段だよね。
……。
いくら転落点だからって急降下し過ぎじゃないですかー(泣)

あまりに辛すぎて、
……泣いちゃったよ……(涙)
それまでの過程がとても温かくて幸せだっただけに。

もういっぺん、”彼”の笑顔が見れるのはいつの日になるのかな〜…。
信じて待とう。うん。きっとだいじょうぶ。


それではっ!

 
続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

とけい

カウンタ

ブログパーツUL5

あばたー

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM