5〜6年かけてせっせと形成した積み本タワーを本腰入れて解体に向かおうとしています日々読書週間絶好調の弥生です。(今のところ)

そのうち飽きて、詰んでるゲーム作成に戻るんですよきっと。(今のうち)

 

 

えー、今回読みましたのが、

マール社より『イラスト資料:世界の建築』です。

思いっきり専門書ですね。

 

私は建築関係志望でも何でもないんですが、

はじめて行った町の本屋さんでたまたま見かけて手がのびました。

だって…! 全ページ手描きスケッチで見取り図までついていて、

構造だの比率だの時代における推移だのが記されていて、

それで税込み1,400円台ですよ!?

建築関係の資料自体は蔵書に欲しかったので、

これは運命!ということにして衝動買いしました(結局はそこです)

 

専門書を門外漢が一読しただけなんで、評価も何もないわけで。

生意気にも素人が読みました〜…からの感想になりますが、

 

なかなか読みごたえがあります。
学校教育の世界史では建築だけにスポットを当てて勉強することもないですから、

「建築」という視点から古代ギリシャ・ローマ・ゴシック・ルネサンス……と

時代を追っていくのがたいへん面白く。

特に古代ローマの建築技術が脱帽でした。構造の計算がすごい。

それぞれの時代の建築のプロフェッショナル達の仕事が、

この現代まで、遺跡や古物件になって残っているんですね。

 

ついでのついでで日本建築についても1ページほど記載がありまして、

石造り中心の構造に目が慣れたところで改めて伝統的な日本家屋を見ると…

「え… この家、木と紙でできてる……」

「部屋を仕切る壁が…無い……」

と、なります。

極東の島国日本。はじめて訪れた西洋人はさぞやびっくりしたに違いない。

 

 

以上っ!

とりあえず感想まで。

古宇田實,斎藤茂三郎
マール社
¥ 1,468
(1996-03-20)

そろそろ秋冬シーズンなので久々に編み物でも…と思って毛糸をいじくり始めたんですが久々すぎてサイズ目算誤ったまま編み始めてしまい只今超ビッグサイズになりつつある編み物を膝に抱えていたりします弥生です。事前にちゃんとサイズ測るって大事ですねー(当たり前)

そしてほどくのも面倒なので超ビッグサイズのまま編み続けるのであります。

 

 

えー。

 

本日読み終わりました、

ミシェル・パストゥロー著『紋章の歴史』。
初版は1997年となっていますが手元にあるのは増刷版です。

これは友人からの頂き物ですね(半年以上積んでて申し訳ない)

 

ざっくり内容を記しますと、

ヨーロッパ…特に中世〜近世を彩る紋章の数々について書かれた本です。

紋章とは何か。どんな歴史があるのか。

色、形、組み合わせが何を意味しているのか。

紋章を創るにあたっての規則。

どういった人々が紋章を持ったのか。

紋章から何が読み取れるのか。

etc...

 

よく絵画に紋章が描き込まれていたり、建物に彫刻されていたりしますが、

特に気にしていなければボーッと見逃してしまうこれら、

作成に携わった人の生い立ちや、作品に対する作者の考え…

そういったものを表していたりするんですね。そこまで深いとは知らなかった。

紋章ひとつに履歴書が詰まっているみたいなカンジですかね。

今までそんなに気にして見た事がなかった(つまりはボーッと見逃していた)ので、

これから色んなものの見方が変わりそうです。

 

日本の家紋についての項目があるなど、

付属の小論がなかなか興味深く。

面白かったです!

 

* * *

 

全く別の本ですけど、

10年くらい前に読んだ『シンボルの謎バイブル』(産調出版 )等を併せて読んだら、

また違って見えるかも知れないな〜…と思いました。

以上!

 

本を読む速度よりも買う速度の方が明らかに速くて2冊読んだら3冊増えている、じわじわと積み本タワー形成中の弥生ですこんにちは。小説類は1冊あたり数時間〜1日単位で読めるんですがいかんせん専門書類は数か月〜数年がかりがスタンダードになりつつある……。

 

で、えーと。

コチラもやっとこさ読み終わりました↓

 

成美堂出版より鉱物・宝石大図鑑』です。

 

出版年が……えー……2014年?

4年前ですかそうですか。

書店で物理的に手に取ったやつなんで当時は新刊だったはず…。

 

これはですね。

タイトル見てわかるように、明らかに鉱物がメインで宝石がサブ扱いです。

表紙でも「鉱物」の文字サイズが「宝石」の2倍強あります。

綺麗な宝石を前面に出したビジュアル図鑑ってのはボツボツあるんですが、

大衆向けの棚で鉱物を売りにしてるのが珍しいな〜と思って買った思い出。

 

最初の数ページで、

「鉱物とは何か?」や「成分と分類」「見分け方」「比重」云々…

初心者にもわかりやすく概要説明を入れてもらえていたので、

とても親切設計の本でした!

 

鉄鉱石とかニッケルとかマンガンとか

たくさん見られて満足ですよ。

あえて言うなら、別名含めた一覧が欲しかったな〜…

 

 

以上っ!

 

 

 

小学校の頃から本が好きで冒険物語だの推理小説だの…と手あたり次第に読んでいた「物語」大好き人間弥生ですこんにちは。本好きが転じて見境が無くなり、いつしか部屋の蔵書には機械やら科学やら武器武具やら戦闘機やら戦術書やら、「物語」以外の本がごろごろと。

「またそんな本読んで」とか「何に使うの?」とか言われます。……か、書くのにいつか使うんだぃ!

 

 

で、昨夜やっと読み終わりました!

 

長田龍太著『中世ヨーロッパの武術』

購入したのは新冊で店頭に並んでいた2012年頃…のはずなので、

五年くらい掛かって読んでるんですかね(こんなんばっか)。

寝る前の15分間とかにちびちび読んでました。

読んだって言っても、通しで一読できただけなんですけどね……。

 

ざっくりとどんな本か言いますと、

RPGやファンタジー小説でお馴染みの武器を使った戦闘のアレコレが

片っ端から掲載されています。

全671ページでイラスト充実・解説充実・付録も充実。

個人的には大変興味深くて面白かったです!

(概説から入って頂けていて、理論が分かりやすいです)

(参考文献の書評まで載せてもらえているのが良かったです)

 

 

考えてみれば当たり前のハナシなんですが、

武器にも重量があり、重心があり、

運動には支点と力点と作用点があり……。

それらを突き詰めて研ぎ澄ませたのが「武術」。

芸術や機械が人の手によって生み出され、進化してきたのと同じなんですね。

洗練されたレシプロ戦闘機の美しさに通じるものがあr(自重)

 

著者さんの語り口が好みで、そっちも大いに楽しませてもらいました。

たまに毒気が見え隠れしている(笑)

 

 

Amazon商品レビュー機能を使って書籍情報と画像出そうとしたんですが、

何でかこの本だけ上手くページが出てこなかった??ので、

奥付の情報だけ載せておきますね〜↓

 

 

  『中世ヨーロッパの武術』

   2012年3月14日 初版発行

   著者:長田龍太

   編集:新紀元社編集部

   発行者:藤原健二

   発行所:株式会社新紀元社

   ISBM:978-4-7753-0946-9

   定価:本体2,800円(税別)

うっかりしている間に出てました!!

待望の最新刊、

マッグガーデンよりオニグンソウ『-ヒトガタナ-:10巻』です。

 

2014年頃発売って……もう2年待ってたんですねぇ。

無事に発売されて良かったです。

 

↓ではではネタバレにならない程度に感想をば!

 

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

巡ってきた羽々斬ちゃんのターン。

もう表情が素直で大変可愛いですね! 可愛い!!

作中で最も成長した姿を見せてくれているのは彼女だと思います。

強くなったなぁ……(しみじみ)

 

安定のサクサク展開で、

「早くない!?」と思うくらいのペースで進むのもいつも通りですね。

出撃前の死亡フラグにしかならないようなシーンのオンパレード…も、

ヒトガタナだったら安心…ですよ……ね?

ハコベラちゃんもホント可愛くなりました。

陽山班長、出番少ないけどやっぱり好きだー!

 

草薙兄さんは幸運値を上げるべきだと思います。

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

…と感想書いたのを振り返ってみると、女性陣がひたすら可愛い巻でした。

ポニテの楓さんがイイ。

あ、十種もカワイイよ!(男の子だって)

 

次回最終巻なんですね。

展開早くて残念ですけど、楽しみに待ってまっす!!

 

 

では今回はこの辺で!

以上〜

 

 

本や漫画を発売日に買いに行くなどということを滅多にしない…というかそれ以前に発売日を細かくチェックしてない為に「次巻201●年春頃予定」なんていう前巻末の告知ページのみが新刊購入の目安情報になっている弥生です。こんにちは。
本屋さんには月1くらいのペースで行くので、その時に巡り会わなかった(売り切れなどで)ら、発売されているという事実に気づかないという……。

さて、長い前振りをしてみましたが。
気がついたら最終巻が発売されていました…(汗)
野村美月さんの『“藤壺” ヒカルが地球にいたころ……(10)』です。
くどいようですが最終巻です。

5月末には読んでいたんですが、
記事に書こうと思ってから、パソコンをまともにつける日が無かったっていう。

では、ネタバレにならない程度に感想をば!

↓ ↓ ↓

ようやく辿り着いた、最後の救済対象者ですね!
謎を秘めた女性・藤乃さん。
1巻での謎の微笑から、長かったような短かったような…。
これまでの全ての伏線が回収される時でもあります。

過程は今までで一番のサスペンス劇で、
赤城くんの安否も含めどうなることかと思いました…。
一転して終盤、エピローグへの流れはさらさらと心地よく。

赤城くんとヘリオトロープ、
ヒカルの君と、たくさんの花たち。
全て納まるところへ納まったというカンジです。
お別れ…って、悲しいですけど、
こんな風にそれぞれ前を向いて輝けるお別れできるなら、すがすがしい気持ちもあり。
泣いて・笑って、「ありがとう」って言えるっていいですね。
そんな一作。

作者さん・イラストレーターさん、お疲れ様でした!
ありがとうございます。

↑ ↑ ↑

…ああ〜…終わっちゃったなぁ。次は何を読みましょうかね。
野村美月さんの新シリーズも発売されていましたので、
それもいいかもなぁ。

それでは!
 

続きが気になっており待ちにまった発売日当日に本屋さんに行ってしまいました、自由人の弥生です。ニートってこういう時だけ便利よね…。

さて。
ブレイドコミックスより、
オニグンソウさんの『−ヒトガタナ−』9巻を読みました!

ネタバレ…にならない程度に感想でも、と思ったのですが。
色々と思うところが多すぎまして……。言葉になりませぬ。
大まかに言ってみますと、

上げるだけ上げといて落とすのは、
物語の常とう手段だよね。
……。
いくら転落点だからって急降下し過ぎじゃないですかー(泣)

あまりに辛すぎて、
……泣いちゃったよ……(涙)
それまでの過程がとても温かくて幸せだっただけに。

もういっぺん、”彼”の笑顔が見れるのはいつの日になるのかな〜…。
信じて待とう。うん。きっとだいじょうぶ。


それではっ!

 

 明けてました。
2014年、明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログを見てくださいましてありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。


さて!
今回はタイトルの通り、読書感想文をば。

ファミ通文庫より。
野村美月さんの、
『"花散里" ヒカルが地球にいた頃……8』
『"六条" ヒカルが地球にいた頃……9』

でございます。

……え? 新刊が2冊あったのかって?
ははは(汗)
『花散里』を読んではいたんですが(2〜3ヶ月ほど前に)、
感想書こう書こうと思っているうちに新刊が……(汗汗)


* * * * *

『"花散里"』
イメチェンで大変身を遂げた彼女についにスポットライトが!
時は学園モノにおけるメインシナリオ通過点の重要イベント、文化祭。
普段以上に奇怪な言動を繰り返す学級委員長。
ひっそりと咲いていた、白い花の正体は……!

……意外性はありましたけれども。
どちらかというと、メインの話とメインの話の「つなぎ」のような印象も…。
前回の『"空蝉"』もインパクトはあったものの淡い印象のお話だったので、
2回続けて、なんとなく「もやもや」とする読後感でした。
メインの謎はいつ核心に迫れるんだろう…。

そして。
赤城くん…ナースに囲まれて、なおかつ文化祭デートとは。
なんて奴だ。

* * * * *

『"六条"』
帰ってきた初恋の人。
ロリコン疑惑で最早クールな仮面の面影もない二枚目青年。
突如勃発した告白大会…今までヒロインを増やし続けたツケが今ここに!
そんな中、学園にはびこり始める「怨霊」…。
出だしの学園青春モノ全開な空気から、
一気にサスペンスの真っただ中に放り込まれます。
ヘリオトロープの片想いの結果は――。

えー。
タイトルは確かに「六条」ですけれども。
衝撃のラスト…まさかこんなデレがくるなんて…!?
今までで一番面倒臭い"女の子"だなぁ。
まさか落とせるとは思わなかったですよ…。
どうするつもりだ赤城君。

中の人はアレですけど、表紙はすごく好きです。

* * * * *

"末摘花"のベニちゃんや、"空蝉"の空さんが出てこなかったとか、
前回メインヒロインだった彼女が出番少ないとか、
女の子が多すぎて…存在感の淡い人からかすんでいくような……仕方ないけど。
最終巻はみんな出てきてくれるのかな〜。
正体が露見した真のラスボスの目的はいかに。

ホントにいよいよ核心ですね!
次は『"藤壺"』…ラ、ラストがとても気になるぞ……!!


以上っ!

 気がつけば……ブログ放置以上に任天堂3DS『とびだせどうぶつの森』を放置している弥生です(現在進行系)。雑草はいいとして、知ってる住人が1人でも残っているのかなぁ今頃……。

さて。
読んでから感想書かずに放置してしまっていたのですが。
ファミ通文庫より野村美月『"空蝉" ヒカルが地球にいた頃・・・Аを読みました。


さくっと感想をば。↓↓↓

まずは表紙〜。淡いカラーリングがいつも通りの素敵な表紙ですね。
なんというか…幻のような印象を受けるイラストだと思いました。
どことなく虚ろな儚さ。
着物と見せかけて洋服なのね…。
橙と草色の組み合わせが好きです。

そして肝心の内容ですが…、
今回…過去最大級のインパクトを放つ話題だったような気が!
初期の衝撃がものすごかったせいか、
ストーリーの起伏は進むにつれて下がり気味に感じましたが。
今回のメインヒロイン…嫌いじゃないけど、話題以上のインパクトが無かったかも。
他の女の子たちが個性豊かすぎるのですかね〜。

月夜子さんに惚れ直しました^^


↑↑↑ ここまで


最後の最後で衝撃の事実。
まさか!?……というところで次巻に続く。
いよいよ大詰めですかね。
つ、続きが気になるぞ…!!


それでは〜。

 お日様サンサンな休日の正午頃に車を走らせながら「昼からはバイクで出かけよ♪」と画策したくせにゆっくりのんびり昼ごはんを食べたら眠くなり昼寝の挙句に目覚めたらもう夕方近くなっていてせっかくの太陽が西に去ってゆくところでした今日の弥生です。……まぁ、そこから乗りましたけどね、バイク。

さて。

久しぶりに本屋に行き、新刊を発見しました。
……新刊とはいえ、
発刊が2月末(2ヶ月も前…)だったようなので今更な巡り会いですが。
ZERO-SUMコミックスより、
石動あゆまさんの『コーセルテルの竜術士〜子竜物語〜:5巻』です。

今回の表紙は木竜ですね〜。
木竜一家が好きなので、嬉しい限り。


それでは、ネタバレにならない程度に感想でも。 ↓

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

子竜ちゃんたちが大きくなったなぁ〜と感じる一冊でした。
『コーセルテルの竜術士』の幼竜時代と比べると、
身体の大きさだけじゃなくて精神的・能力的にも立派になってきた彼ら。
成長って…いいなぁ〜。

冬精霊と夏精霊の意外な仲良しっぷりに驚き、
小さい暗竜くんに癒されたり、
火竜家の地下にわくわくしたり。

これだけ巻が続いていて冒険のネタが尽きないコーセルテルが素敵です。
可愛い新キャラも増え、この先も楽しみですよ!

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

別動で「イルベックの精霊術士」が連載開始されたんですね(2ヶ月前に…)。
そっちはそっちで気になるなァ。


ではっ!

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とけい

カウンタ

ブログパーツUL5

あばたー

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM