箱を開けるまで生死は50%/50%だというのがシュレディンガーの猫さんの理屈ですが、内容の面白さが50%/50%で読んでみるまで結果がわからないのが積み本であります。弥生です。

まぁ、買う段階で「面白そう」と思って買う訳ですから実際には95%くらいの確率で面白いんですけどね。

5%くらいはまぁ…外れる。

 

 

えー。

 

 

またひとつ、積み本の呪いを解除いたしました!

潮書房光人社より井上孝司

『現代ミリタリー・インテリジェンス入門』です。

 

(いつもはカテゴリー「趣味(本・漫画)」で記事を上げていますが、

 今回はモノがモノということで、「趣味(ミリタリー)」で記事をUpします)

 

 

ではざっくり本の紹介と感想をば。

 

タイトルにサブで「軍事情報の集め方・読み方・使い方」と銘打たれている本書。

まずは、数多に転がっている…あるいは隠されている情報を集めるところから。

しかし集めるだけでは「情報」として価値がなく、

情報自体の真偽をはじめ、収集目的に沿ったものであるかを精査し、

どんな意味があるかを分析し、「資料」としてまとめ上げる必要がある。

そして資料となった情報が、適切な時期に・適切な担当者に渡ることで、

はじめて活用の舞台に立つ。

そこから更に「役に立つ」かどうかは、わからない。

その、役に立つかどうかわからない作業を、

日々せっせと収集・分析・資料化……と延々くり返す。

全ては「いつか必要になるかも知れない」時の為。

 

……どちらかと言うと、思考強化の方法論ですかね〜。

インテリジェンス…等という響きから、勝手に

ちゃんと読むまで情報セキュリティの話だと思っていました。

フタを開けてみるとセキュリティ以前のハナシで、

はるか古代から脈々と続けられてきた「諜報」の極意…。

オモシロイジャナイカ。

 

一応「ミリタリー」と明示されておりますが、

普通の日常生活においても、仕事などで役に立ちそうな気がします。

 

情報は、集めただけじゃ価値がない。

この一言に尽きる。

 

 

 

『現代ミリタリー・ロジスティクス入門』も合わせてどうぞ〜。

 (数年前に読みましたが、こちらも大変面白かったです!)

 (どちらかというと『ロジスティクス』の方が目からウロコで、より楽しかったかな〜)

 

以上っ!

 

 

新田原(にゅーたばる)です。
友人C氏と航空自衛隊の航空祭に行って参りました!
弥生、ミリタリーファンを自覚してから7年目にして初の生・現役戦闘機です。

神戸からフェリーに乗って宮崎県へ。
(じつは広島より西に行くのも初めてです)
(↑そういや呉と江田島に行ってきたレポ上げてないや…)
(↑呉といえば元軍港、江田島は旧海軍ゆかりの地です)

当日はお天気が良くて何よりでした〜。
けど、お天道様が神々しすぎて肝心の機影がろくに見えず…。

↑太陽を背に飛べ!という実証ですね。

写真も色々撮らせていただいたのですが、
飛行メインの写真も戦闘機の写真も、
私が撮らなくても上手な方がいっぱい居られるので。
その代わりといってはなんですが、


↑アフターバーナーの噴出口をまじまじと観察してきました。

せっかく現地に行ったんだから現地でしか見られないものを観察しないとね。
使い込まれた焦げ感が生々しいです。




↑覗き込んでみました。

あ。
お尻ばっかり見てたわけじゃないですよ?
それじゃ変態ですからね(←今更)
まともな写真もあります。ほら。


↑格納庫のシャッター溝。
シャッターって一枚じゃないんですね。さすが自衛隊。


↑マーキングされているキレイな舗装面。
普段はここに何を置いているんでしょうね。

…こんなカンジで、色々と細部を見聴きさせて頂いて参りました!
(航空祭の華々しさをお伝えできず申し訳ないですが)
いつか戦闘機物語を書く時の参考になればいいな〜。

ではっ!






 

 誰かにとって語りたいものは得てして別の誰かにとって聴きたくないものだとわかってはいるんですが語りたいこともある弥生です。
だからあえて今日は語らない!

……買っちゃった(嬉)

続きを読む >>

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

とけい

カウンタ

ブログパーツUL5

あばたー

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM