(職場カレンダーでの)連休3日目!ようやく晴れた!

…ってなわけで、ツーリングに行ってきました。

 

バイクに乗るために行き先を決めるという、

「バイク乗りあるある」なこの突発企画。

今回のミッションは…

 

飯高の道の駅でソフトクリームを食べる! です。

 

そう。アイスクリームが食べたいんです。

食べたいということにしておきます。

 

片道2時間半かけてアイスクリーム1個を食しに、いざ出発!

(↓お付き合いくださる方だけ「続きを読む」からどうぞ〜)

 

 

 

 

お花見に行ったよ〜という記事を上げよう上げようと思っているうちに周囲の桜が全部散っちゃったので今更記事にして上げてもなぁ…と思っている弥生です。お久しぶりのブログ更新です。
馬見公園の桜…桜並木という言葉を通り越して桜林とでもいいますか。桃源郷ならぬ桜源郷な雰囲気の良い場所でした〜。

(旬を外してしまったお花見はおいといて)
で、本題は琵琶湖です。

昨日、独りツーリングを。
滋賀県在住の友人W女史を訪ねる…という名目で、
琵琶湖まで行って参りました!
(明らかにWさんのお家訪問がサブクエスト)

往復180kmの道のりです。
親父殿や弟君とは同じルートで2回ほどツーリングしましたが、
完全に独り道中なのは初めてですね。

……で、案の定というか何というか、
迷いました

奈良で。

最初から途中道に迷うこと前提で出発はしましたけどね?
京都か滋賀あたりで迷うかな〜と予想してたんですけど。
予想に反してまさかの奈良市で道を見失い…(汗)
地元県から出られないってどういうことなの。

割合に時間をくって地元県から脱出した後は、
特に大きな失敗もなく目的地に到着できました。
友人W女史にもめでたく邂逅。
一緒にご飯食べて楽しくおしゃべりさせて頂きました^^
帰り道はそれなりに安泰に(山道で煽ってきた後続車の運転手さんにムッとすること約3km…)。
夕日とともにホームイン。

琵琶湖の大きさとキラキラ光る水面に魅せられつつ、
やっぱり市街地を走行するより、
木々に囲まれた山道を独走する方が性に合ってるなァと感じた一日でした。

以上っ!




 

何か月ぶりかさえあいまいになりました不精者の弥生です。久しぶりすぎて書き出しでうっかり本名を名乗りそうになったとかいないとか。いつか、やらかす気がします。

生存報告ついでに。
バイク購入しました!!

star

SUZUKIのST250Eです。
排気量・約250cc。
小型と比べると、やっぱり馬力が違いますね。
急な坂道もへっちゃら。
その代わり、相応に重いのと、小回り性能が多少落ちます。
(小型は馬力と長距離走行力が無い分、軽くて機敏だったのだなぁ…。)

走行時の振動が少なく、安定して走ってくれるのが嬉しいですね。
喩えるならば、「落ち着いた雰囲気の、ゆったり構えた大人な奴」…といったところ。
早くクセを把握して仲良くなりたいな〜。

長距離走行の頼もしい相棒になってくれそうです!


では!

 暑さとだるさに負けて昼寝をしまくった挙句にこんな時間に起きている昼夜逆転真っ最中の弥生です。寝っころがりながら書こうと思っていたメモ用紙が白紙のままっていう…。

さて〜。
7月6日、琵琶湖までツーリングに行って参りました!
親父殿・弟・私の、バイク3台編成です。

天気は曇りで暑くもなく寒くも無く。
景色が綺麗に見えないのは残念ですけれど、
長距離走る点から考えると、体力消耗しないからラッキーですね。

編隊長(お父ん)の後をついていくという、
道順も何もわかっていない者からすると、
はぐれたらどうしようも無い行程。
京都を経由して(いつ京都に入って、いつ京都を出たのかすらわからず…)、
2時間半ほどで滋賀県に到達しました。

琵琶湖大きいですねー。
遥か向こうに対岸が見えなければ、
海だと思うかも知れないです。
カヌーがいっぱい。
これで天気が快晴だったなら、また景色も違ったんだろうなぁ。


……え? 写真ですか?


おひるごはん
(おそば〜:昼食)

……しばらく琵琶湖に沿って東回りに北上したんですけれど。
その間、ノンストップだったもので……。

9時に出発して、18時頃に帰宅。
走行距離が249.7kmでした。
途中通り雨に降られる・誤ってお蕎麦にわさび全投入するというアクシデントもありましたが、
楽しくバイクに乗れてよかったです〜。

いつか自力で滋賀まで行けるようになりたいなァ。


それではっ!

 バイクに乗るために目的地を設定するということもせず無計画に出かける準備をし、「どこに行くの?」と聞かれて「ハンドルの向いてる方向」と答えた弥生です。

はい。
ぶらりツーリングに出かけたのですが…

道を間違えまして。

山の頂を目指していたはずなのに、
なぜだか大きな川に出ました↓

ツーリング
(手前、親父殿より拝借した125cc車)

川…? 細長い湖かな?
……どこで道を間違えたのかすらわからない(汗)
でもまぁ、綺麗なところに行けたからいいかなぁ。
(目的地が「目的」では無いからこそのテキトーさ)

今度スケッチブックを持って行こうと計画中。
同じ場所に…出れるといいな〜(希望)


それではっ!

 普通車の免許は持っているものの日頃の移動手段はもっぱら原付でたまに車に乗ると公道を走るのが怖いと思ってしまうそんな紙切れドライバーな弥生です。免許は「持ってるだけ」じゃ駄目ですね〜……。

はい。
新米単車乗りになりました。

練習しないと乗れるものにも乗れないよ!
――というわけで、
昼から小型二輪(中型で免許取ったのにね)を引っ張り出し、
あちこち走ってみました。

初の公道です。

とはいえ、いきなり車の流れに乗るのは怖かったので、
最初の10分ほどは農道を走っていました。
……昼間の農道を、低速(約30km/h)でうろつくの赤バイク……。
怪しすぎる……(汗)

徐々に行動範囲を広げます。
比較的に車の少ない道を選んで、スピードを上げていきます。
時速40km/hを超えると、振動でグリップを握る手がビリビリ……。
グリップから手を放すまいと必死(泣)
ウィンカー操作に慣れていないので、
右左折する時はわりと挙動不審気味に……(汗)

調子に乗って、やや交通量のある道路に挑戦しに行きます。
時速60kmをキープ。
後ろをついてくる後続車に内心ビビりつつ、
前を走る車の後を追います。
信号でエンストしないか心配で心配で……。
親戚の家にたどり着くまで小冒険。

親戚の家でお茶とお菓子を頂き、
まったり休憩したところで、帰路につきます。
家までの距離が長く感じる反面、
もっと乗っていたい気持ちもあり……。
「ちょっと遠回りして帰ろう」。
いつもなら直進する交差点で、ウィンカーを右に入れました。

車の流れに従って、走り回ってみました。
傍から見たら普通のライダーに見えるのかな?と思ったり。
初心者が練習している…なんて誰も考えないですもんね。

赤信号で止まり、渋滞で止まり、子供に遭遇し……
たくさんの「初めて」を経験しました。
初めての公道。
初めての60km/h。
初めての右折に、初めての左折。

……最初に自転車で家の外に出た時にも、
原付に乗った時にも、
車のハンドルを握った時だって、
同じ感覚を味わったはずなんですけれどね。
できるかな?…という不安と、
ちゃんとできた!…という嬉しさと。
いつかは慣れていって、息をするように、
なんの感慨も湧かずにこなせてしまうんでしょう。

今だけの、新米特権です。
ただ、「乗れる」のが楽しくて、嬉しい。

初めて息をした時も、
言葉をしゃべれるようになった時も、
……不安で怖くて、ドキドキして、嬉しくて、楽しかったのかも。
知れません、ね。覚えてないけれど。


明日はどこに行こうかな〜
ではっ!

 本番に弱く心臓がドキドキし放し…なんてことがザラにある弥生です。ポジティブ発言と平気そうな顔で割と気づかれないのですが……手は震えるわ足も震えるわ…。

さて!

二次会まで参加した忘年会の翌日(というか当日というか)というコンディションで、
普通二輪の卒業検定に行ってまいりました。

受験生5人中、5番目に当たった弥生。
……どうせならさっさと終わらせてくれれば良いものを、
誰よりもドキドキし続けなければならない羽目に。

前の受験生たちの成功や失敗をみているうちに、
襲ってきたのは…眠気です。
昨日遅かったものなぁと欠伸をかみ殺しつつ、
眠いと感じる余裕のある自分に拍手。
何だかんだ言ってリラックスしてるじゃないのさ。

そして巡ってきた自分の番。
後方確認しながら素早く乗り、ミラーを合わせて出発です。
まずは外周を1周、
一期一会の相棒(試験用バイク)と親交を深めます。
8の字…余裕ですね。
障害物の回避は意外と忘れがちな後方目視をしっかりと。
脱輪即アウトが潜む1本橋が第一の関門でしたが、
何とか落ちずに通れました。
s字…余裕ですね――と余裕ぶっていたら、
指示器を消しそこねて減点くらいました。
クランク…ここに入ろうとした時にS字の指示器ミスにようやく気付くという鈍さ。
坂道発進はエンストする可能性が高く、
心配していました。…が、
4回までならエンストしても大丈夫だということ。
安心できて気が楽になったのか、
問題無く停止・再発進できました。
踏切通過はエンストしなくてホント良かったです。
信号左折…し、指示器はつけ間違えなかったですよ!
一旦停止は入所時にエンストを繰り返した場所なので、
難なくこなせたことに感動。
スラローム。今回の関門その2です。
後輪が触れないか心配…だと思う余裕も無く、
ベストを目指してただ走っていたら出口に到達していました。
急制動…ものすごいコケ方をした受験生さんがいらっしゃったので、
ビビるかと試験前から身構えていたはずなのに、
いつの間にか始まっていつの間にかすんなり終わっていました。

雨予報だったにも関わらず、
非常に眩しい時間帯でした。
空気も暖かく、
風も吹いていないという好条件。
神様仏様ありがとうございます!
昨日の雨で路面が濡れていたのが唯一の難点でしたね。

結果は合格でしたっ!
年内に免許申請手続きをしに行く予定です。
ただし……また視力が落ちている気がするんですよね〜。
これが最終関門です(泣)

 ※教官殿、事務のお姉さん方、教習所のコース、練習に使ったバイク達:お世話になりました!

さてさて!
本日はこれにて!
ではっ

 雨にも負けず風にも負けず……冬の訪れに逆らうように原付に乗り続ける弥生です。さすがに雪には負けますが。

はい。
冬将軍に追い立てられるように、
今日も二輪の教習に行ってまいりました。

昼間吹き荒れていた横風も無く、
空気が冷たいという点を除けば、
非常に乗りやすいお天気でした。

AコースとBコースを、2回ずつ走ります。
……間違えてBコース3回走った気がしますが、
まぁいいや〜。

教官殿に見守られながら、ひたすら自主練習です。
走りながら、細かいポイントをおさらい。

・指示器を出すタイミングに誤りはないか。
 (左手がかじかんいる為、操作をミスし警笛を鳴らすこと数回)

・進路変更前の目視確認を忘れていないか。
 (ついでに他の生徒の走りっぷりを観察していると脇見運転になります)


……とりあえず、教官殿から
「今日の通り走ったら、まぁ、いけるやろ」
とのお言葉を頂きました。

そうです。
今日で教習はおしまいです。
ついに最後の練習チャンスが終わってしまいました…。

来週、卒業検定です。

……もっと練習したいよぉ(泣)
1週間空いてしまうのがキツいです。

もう、
当日のコンディション、天候、バイクとの相性、運を願うしか!
リラックスできるかどうかが勝負の鍵ですよね。
がんばろう〜!

以上っ!

 暑いのと寒いのとどちらが良いかと問われると寒い方がまだマシだと答えるかもしれない弥生です。風に吹かれるタイプの寒さはマフラー1本でたいがいしのげますが、立っているだけで底冷えするような這い上がるタイプの冷気にはとことん弱いという弱点があったりなかったり。

はい。
風向きが北西よりになってきた今日この日。
二輪の実技講習に行ってまいりました!

この季節になると、突風に煽られるのが心配なのですが、
今日は運転に支障が出るほどの風も無く。
とても快適に練習させてもらえました。

気づけば、2段階の緑ゼッケンも馴染んだ
教習終盤の生徒になっていました。
初心者の赤色ゼッケンをつけて、
ふらふらコースを彷徨っていた頃もあったんだなぁ…。
……そんなことを考えながら、
新入りさんの様子を観察しつつ練習する余裕も生まれました。

もう滅多にエンストもせず、
1本橋で落下することも無く。

積み重ねって大事ですね。
気づけばちゃんと乗れるようになっていて、
自分自身でビックリです。

早く一人前になりたいなぁ…。
次回はようやく、2段階のみきわめの予定です!


それでは!

 12月に入ってもカレンダー上に境目があるだけで実際数日前とは何ら変わりがないはずなのでイマイチ冬になった実感が無い弥生です。……「寒い」とは言いますけれどね。
北風が激しく吹くようになったら冬だと思っています。

さて。
(土曜日に)二輪の教習に行ってきました。
今回はセット教習ということで、
実技と学科の連続授業でした。

……ついにやってきた3回目の悪夢です。
その名もシミュレーター

前回の悪夢の終わりに、教官殿が
「事前に言ったらいいよ」とおっしゃっていたので、
今回は授業開始と共に宣言しました。
「酔います!」と…。

おかげで軽めの悪夢で済みました(汗)
それでも酔ったし気持ち悪い…。
ともあれ! これでもう悪夢はやって来ないはず!

あとは…最終試練の卒業検定に向けて、
ひた走るのみです。


それでは!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とけい

カウンタ

ブログパーツUL5

あばたー

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM