5〜6年かけてせっせと形成した積み本タワーを本腰入れて解体に向かおうとしています日々読書週間絶好調の弥生です。(今のところ)

そのうち飽きて、詰んでるゲーム作成に戻るんですよきっと。(今のうち)

 

 

えー、今回読みましたのが、

マール社より『イラスト資料:世界の建築』です。

思いっきり専門書ですね。

 

私は建築関係志望でも何でもないんですが、

はじめて行った町の本屋さんでたまたま見かけて手がのびました。

だって…! 全ページ手描きスケッチで見取り図までついていて、

構造だの比率だの時代における推移だのが記されていて、

それで税込み1,400円台ですよ!?

建築関係の資料自体は蔵書に欲しかったので、

これは運命!ということにして衝動買いしました(結局はそこです)

 

専門書を門外漢が一読しただけなんで、評価も何もないわけで。

生意気にも素人が読みました〜…からの感想になりますが、

 

なかなか読みごたえがあります。
学校教育の世界史では建築だけにスポットを当てて勉強することもないですから、

「建築」という視点から古代ギリシャ・ローマ・ゴシック・ルネサンス……と

時代を追っていくのがたいへん面白く。

特に古代ローマの建築技術が脱帽でした。構造の計算がすごい。

それぞれの時代の建築のプロフェッショナル達の仕事が、

この現代まで、遺跡や古物件になって残っているんですね。

 

ついでのついでで日本建築についても1ページほど記載がありまして、

石造り中心の構造に目が慣れたところで改めて伝統的な日本家屋を見ると…

「え… この家、木と紙でできてる……」

「部屋を仕切る壁が…無い……」

と、なります。

極東の島国日本。はじめて訪れた西洋人はさぞやびっくりしたに違いない。

 

 

以上っ!

とりあえず感想まで。

古宇田實,斎藤茂三郎
マール社
¥ 1,468
(1996-03-20)

寒くなってくると動作が極端に遅くなります変温動物ですこんにちは。弥生です。

10月半ばまでは平気だったんですが、最近はもう朝晩がスローペースになってきました。ちなみに深夜は別動力ですのでAM1:00であろうがAM3:00であろうが動けます(で、身体が冷え切ってから我に返る)。

 

で。

そんな前振りが関係あるのか無いのか(無いんかい!)、

 

サイズ間違えた編み物が完成しました〜。

 ↓

 

ちゃんと測ってないんですけど、横幅1.5メートル以上です(ざっくり)。

 ※ 写真は入りきらないんで畳んでいます。

 

50gの毛糸玉13個分。

材料費のみでだいたい3,000円ほど。

悲しいかな…3,000円もあれば超もこもこなブランケットが5枚ほど買える。

完全に「作ったで!感」の分しか得してない計算ですね……。

大量生産時代の宿命がここに(泣)

 

ついでに昨年のシーズン末に大量買いしていた毛糸の山を発掘したので、

今シーズン中、余力があれば他にも何か作ってみる予定です。

良いんだ…。たとえ買った方が安くて物が良くても、作りたいんだ。

 

 

以上っ!

そろそろ秋冬シーズンなので久々に編み物でも…と思って毛糸をいじくり始めたんですが久々すぎてサイズ目算誤ったまま編み始めてしまい只今超ビッグサイズになりつつある編み物を膝に抱えていたりします弥生です。事前にちゃんとサイズ測るって大事ですねー(当たり前)

そしてほどくのも面倒なので超ビッグサイズのまま編み続けるのであります。

 

 

えー。

 

本日読み終わりました、

ミシェル・パストゥロー著『紋章の歴史』。
初版は1997年となっていますが手元にあるのは増刷版です。

これは友人からの頂き物ですね(半年以上積んでて申し訳ない)

 

ざっくり内容を記しますと、

ヨーロッパ…特に中世〜近世を彩る紋章の数々について書かれた本です。

紋章とは何か。どんな歴史があるのか。

色、形、組み合わせが何を意味しているのか。

紋章を創るにあたっての規則。

どういった人々が紋章を持ったのか。

紋章から何が読み取れるのか。

etc...

 

よく絵画に紋章が描き込まれていたり、建物に彫刻されていたりしますが、

特に気にしていなければボーッと見逃してしまうこれら、

作成に携わった人の生い立ちや、作品に対する作者の考え…

そういったものを表していたりするんですね。そこまで深いとは知らなかった。

紋章ひとつに履歴書が詰まっているみたいなカンジですかね。

今までそんなに気にして見た事がなかった(つまりはボーッと見逃していた)ので、

これから色んなものの見方が変わりそうです。

 

日本の家紋についての項目があるなど、

付属の小論がなかなか興味深く。

面白かったです!

 

* * *

 

全く別の本ですけど、

10年くらい前に読んだ『シンボルの謎バイブル』(産調出版 )等を併せて読んだら、

また違って見えるかも知れないな〜…と思いました。

以上!

 

エプロン作りも第3回となりました。

 

今回は仕上げのワンポイント刺しゅうですね。

……って言ってもこればっかりは特にハプニングも何にもなく。

あえて挙げるなら、黒地にこげ茶の糸を使ったら

すごく見にくかった…という位でしょうか。


というわけで(どういうわけで?)、

 

 

これにて完成!です!

 

さっそく使おう〜と思ったんですが、

当日の夕飯はサンマだったんで初使用は翌日に延期です。

魚の油は……初回はさすがに嫌だ!

 

 

以上っ!

お疲れ様でした〜

続きです。

 

黒一色もサミシイのでポケットをつけます。

 

 

 

 

幼少時は幼稚園で使うエプロンを母親に作ってもらい、小学校は家庭科でエプロンを作り、高校も家庭科の課題でエプロンを作った、エプロン作成とは切っても切れない縁があるのかどうかはわかりませんが記憶の端々にその時その時のエプロンが登場します弥生です。こんにちは。

中学校の記憶にはエプロンは存在しませんが中学校時代自体の記憶があんまりないのでそれはそれです。

 

えー。

約10数年を共にしました高校時代メイキングのエプロンが、

洗っても落ちない薄汚れに満ちてきました…。

 

ので、

 

作ります。

 

 

読んでやってもいいよって方のみ、続きを読むからどうぞ〜

 

 

本を読む速度よりも買う速度の方が明らかに速くて2冊読んだら3冊増えている、じわじわと積み本タワー形成中の弥生ですこんにちは。小説類は1冊あたり数時間〜1日単位で読めるんですがいかんせん専門書類は数か月〜数年がかりがスタンダードになりつつある……。

 

で、えーと。

コチラもやっとこさ読み終わりました↓

 

成美堂出版より鉱物・宝石大図鑑』です。

 

出版年が……えー……2014年?

4年前ですかそうですか。

書店で物理的に手に取ったやつなんで当時は新刊だったはず…。

 

これはですね。

タイトル見てわかるように、明らかに鉱物がメインで宝石がサブ扱いです。

表紙でも「鉱物」の文字サイズが「宝石」の2倍強あります。

綺麗な宝石を前面に出したビジュアル図鑑ってのはボツボツあるんですが、

大衆向けの棚で鉱物を売りにしてるのが珍しいな〜と思って買った思い出。

 

最初の数ページで、

「鉱物とは何か?」や「成分と分類」「見分け方」「比重」云々…

初心者にもわかりやすく概要説明を入れてもらえていたので、

とても親切設計の本でした!

 

鉄鉱石とかニッケルとかマンガンとか

たくさん見られて満足ですよ。

あえて言うなら、別名含めた一覧が欲しかったな〜…

 

 

以上っ!

 

 

 

先日の刺繍部分ができました↓

 

 

この後、

周囲を丸くカットして裏にフェルトつけて周囲をかがるという面倒くさい作業が待っているのですが

 

面倒くさいから今回はここまで。

(え)

 

また気が向いたら2年後くらいの私がやるでしょう。

がんばれ、未来の私!!

 

 

以上っ

小学校の頃から本が好きで冒険物語だの推理小説だの…と手あたり次第に読んでいた「物語」大好き人間弥生ですこんにちは。本好きが転じて見境が無くなり、いつしか部屋の蔵書には機械やら科学やら武器武具やら戦闘機やら戦術書やら、「物語」以外の本がごろごろと。

「またそんな本読んで」とか「何に使うの?」とか言われます。……か、書くのにいつか使うんだぃ!

 

 

で、昨夜やっと読み終わりました!

 

長田龍太著『中世ヨーロッパの武術』

購入したのは新冊で店頭に並んでいた2012年頃…のはずなので、

五年くらい掛かって読んでるんですかね(こんなんばっか)。

寝る前の15分間とかにちびちび読んでました。

読んだって言っても、通しで一読できただけなんですけどね……。

 

ざっくりとどんな本か言いますと、

RPGやファンタジー小説でお馴染みの武器を使った戦闘のアレコレが

片っ端から掲載されています。

全671ページでイラスト充実・解説充実・付録も充実。

個人的には大変興味深くて面白かったです!

(概説から入って頂けていて、理論が分かりやすいです)

(参考文献の書評まで載せてもらえているのが良かったです)

 

 

考えてみれば当たり前のハナシなんですが、

武器にも重量があり、重心があり、

運動には支点と力点と作用点があり……。

それらを突き詰めて研ぎ澄ませたのが「武術」。

芸術や機械が人の手によって生み出され、進化してきたのと同じなんですね。

洗練されたレシプロ戦闘機の美しさに通じるものがあr(自重)

 

著者さんの語り口が好みで、そっちも大いに楽しませてもらいました。

たまに毒気が見え隠れしている(笑)

 

 

Amazon商品レビュー機能を使って書籍情報と画像出そうとしたんですが、

何でかこの本だけ上手くページが出てこなかった??ので、

奥付の情報だけ載せておきますね〜↓

 

 

  『中世ヨーロッパの武術』

   2012年3月14日 初版発行

   著者:長田龍太

   編集:新紀元社編集部

   発行者:藤原健二

   発行所:株式会社新紀元社

   ISBM:978-4-7753-0946-9

   定価:本体2,800円(税別)

下手の横好きでアレやコレやと色んな趣味を抱えまくった挙句、「○年掛かって、今ココ」状態なアレやコレが周囲に点在しまくっています弥生です。ひとつ一段落…と思ったら次の奴が必ずスタンバイしてる状態(←いつもココ)

 

 

で、

 

3年越しにようやくひとつ目途がつきそうな、

 

手製のワッペン(になる予定の布)

 

直径10cm。

2015年とか縫い込んであるので下絵を描いた年月がモロバレです。

何思ったか全部手縫いで刺しゅうしてみようと思っちゃったんですよね。

気の迷いって怖いですね。

なんでそんな面倒くさいことしようと思っちゃったんだ、自分……。

(「落穂拾い」のクロスステッチが終わった頃ぐらいで手元が淋しかったんです。たしか)

 

とりあえず…後は残りの黒い部分を青で埋めたら【刺しゅう部分】は完成!

ゴールが見えてくるとがぜんやる気になりますね。

 

 

以上っ!

続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とけい

カウンタ

ブログパーツUL5

あばたー

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM